Home > スポンサー広告 > 空に近いほう、おもしろいぞ、松本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://kamoshikakamo.blog.fc2.com/tb.php/22-5933364f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from かもしかかも

Home > スポンサー広告 > 空に近いほう、おもしろいぞ、松本

Home > まつもと > 空に近いほう、おもしろいぞ、松本

空に近いほう、おもしろいぞ、松本

発見は、目線より上にあるのである。
松本は、高層ビルだらけの都会と違って、空を見上げても息苦しくならない。肩も凝らない。
ちょっと見上げるだけで、松本の町歩きは格段におもしろくなるのである。

松本の風見鶏


最近、松本にも背の高い建物が建つようになってきたけど、
まだまだ軒の低い家屋が多いのであって、
軒の低い建物が多いということは、空が広いということであって、
だから空を仰ぎながら歩いてみると、風見鶏を見つけた。
何の変哲もない風見鶏だけど、なぜかわくわくしてしまうのは、
お城下の空に西洋からやってきた風見の取り合わせのハイカラ感
すなわち和洋折衷の妙がなんとも松本らしく好ましいと思ってしまうからである。


風を受けてくるくると向きを変える風見鶏は、松本の歩き方のヒントを与えてくれる。
北から風が吹けば南へ、西から吹けば東へ。
ガイドブックを捨てよ、町へ出よう。
松本は、風の吹くまま、足の向くまま歩くがよい。
そんなふうにしてウロウロしていたら、
おお、トナカイが空を飛んでいる!


松本の風見トナカイ。もしかして鹿?


風見トナカイである。ステキだ。寒い国らしくて。鹿かもしれないが。
いつぞは、はらはらと舞い降る雪の空を翔けていくトナカイを見てみたい。
夜空に浮かぶまるまるとした月に向かって翔けていく姿も眺めてみたい。


空に近いほう、おもしろいぞ、松本。


松本の風見鶏
松本の風見トナカイ。もしかして鹿?

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kamoshikakamo.blog.fc2.com/tb.php/22-5933364f
Listed below are links to weblogs that reference
空に近いほう、おもしろいぞ、松本 from かもしかかも

Home > まつもと > 空に近いほう、おもしろいぞ、松本

タグクラウド
検索フォーム
RSS
リンク
  • Jalan Camera  じゃらんかめら
    • 全国津々浦々を廻って、気になる風景や建物を撮っていらっしゃいます。被写体を奥まで見ようとしている感じがして好感を持ちました。
プロフィール

かもしかかも

Author:かもしかかも

今のところ、信州・松本をガイドブックなどとはちょっと違う視点で切り取ろうとしております。登山の話も。ラブ・ローカリティー。

●なんでもあるけど、肝心なものがない世の中だと思っている。
●山に登る。中学のころ裏高尾の小仏峠を1人で越えて以来、登山にはまる。日本アルプスを縦走したり冬山にも登ったり。
●信州に魅了されている。
●旅行ではなく旅が好き。

コンタクト
メールフォーム

▲ Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。