Home > スポンサー広告 > 目抜き通りに松本城!?【青翰堂書店】の店構えを見て考えた、お城への愛の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://kamoshikakamo.blog.fc2.com/tb.php/15-4c2e4f28
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from かもしかかも

Home > スポンサー広告 > 目抜き通りに松本城!?【青翰堂書店】の店構えを見て考えた、お城への愛の話

Home > まつもと > 目抜き通りに松本城!?【青翰堂書店】の店構えを見て考えた、お城への愛の話

目抜き通りに松本城!?【青翰堂書店】の店構えを見て考えた、お城への愛の話

「松本城を正面に見ながら歩く路地【大名町通り西裏の路地】」の記事で、
「メインストリートからは城の姿を望むことができない。」と書いたが、
実は……

青翰堂書店


見えるのだ。
ビルに挟まれた松本城が。
古書店・青翰堂書店だ。
立派な造りで、単なるミニチュアではないことが素人目にもわかる。
それもそのはず……。


今は見られなくなってしまった青翰堂のホームページによると、
昭和25年(1950年)から数年間に亘って行われた松本城解体復元工事の折り、
「せっかく松本を訪れてくださった、観光客のみなさんに松本城の雄姿をご覧頂けないのでは寂しい」と、
初代の店主が店舗を天守閣のかたちに改修したとのこと。
市内の大工さんを集め、「1/20のスケールで忠実に」再現したそうだ。
店主の松本城に対する思いが格別であったことがわかる。


廃藩後、主のいなくなった松本城は、明治政府の方針で競売にかけられ、取り壊される運命となった。
だが、一民間人の尽力によって保存されることとなり、市民などから寄付金が寄せられて修復が行われたといういきさつがある。


当時の人々は、幼少時から常に松本城を眺め、その姿を目に焼き続けてきたはずだ。
城は平城とはいえ、江戸のころは視界を遮るような建物はなかっただろうから、四方八方で城の姿が望まれただろう。
澄んだ空にくっきりと映える、か黒い天守。質実剛健さを想起させる、端正な美しさ。
維新後は、今まで立ち入れなかった城内に入り、間近に城を眺めれば、感慨は格段に深まったのではないだろうか。
また、『善光寺道名所図会(ぜんこうじみちめいしょづえ)』で信濃一の都会と称された町の誇りや国府としての誉れを、
城が象徴するようには感じなかったか。


強硬な廃仏毀釈への心理的な反動も手伝ったのかもしれない。
文明開化の世となったが、松本の市民は旧時代の遺産の保護に動いた。
巡査の初任給が月給8円という時代に、市民などから寄せられた寄付金の額は凡そ1万3500円だったという。


この明治の修理以降、城はまさに市民のものになったはずだ。
市民の篤志によって救われ、生気を取り戻した城の姿に、店主もさぞかし目を見張ったことだろう。
そして、国宝に指定されると、誇らしい気持ちがよりいっそう醸成されただろう。


店主はもちろん、松本人にとって、松本城は町のシンボル以上のもの、自らのよすがになっているのだと思う。
「単に模倣ではなく、より精巧(な造り)に」店主を走らせたのは、
噴き出るような松本城への愛情と、千万無量の博愛精神だったのではないだろうか。


愛こそすべて。

廃藩後、松本城保存のために立ち上がったのが、松本の下横田町副戸長を務めていた市川量造だ。明治5年(1872年)に競売で落札された城を買い戻すため、翌年に天守で博覧会を開催。この博覧会は大盛況で、明治9年(1876年)まで都合5回開かれた。博覧会の成功で、量造は城を買い戻すことに成功。松本城は解体をを免れることとなった。

松本尋常中学校の校長だった小林有也(うなり)は、荒廃が進む松本城の修理を実現させるべく活動を起こし、寄付金集めに心血を注いだ。日露戦争で工事が中断するなど苦労が大きかったといわれ、修復を終えた10か月後に逝去した。
市川量造と小林有也の功績を称える顕彰レリーフが、松本城本丸庭園内に設置されている。

明治30年代になると、松本城の損傷が著しくなり、天守の傾きも目立つようになっていた。明治の大修理が行われたのは、明治36年(1903年)~大正2年(1913年)(日露戦争のため一時中断)。
修理後の昭和11年(1936年)には国宝に指定され、戦後の昭和27年(1952年)に再指定を受けた。

昭和25年(1950年)から5年(解体に2年、復元に3年)の年月をかけて解体復元工事が行われた。工事費は約6,300万円、工事に携わった人員は延べ6万人。この昭和の大修理は、国直轄の国宝保存事業第1号だった。松本城を視察したGHQ(連合軍総司令部)美術顧問が城の修理を文部省に勧告したことがきっかけだった。

善光寺道名所図会は、天保14年(1843年)当時の松本の町を「城下の町広く、大通り13、町数48、商家が軒を並べ、信濃国第一の都会で、信府と呼ばれる。牛馬の荷物は1日1000駄が動く。実に繁昌の地だ。 」と紹介している。


青翰堂書店    松本市大手3-5-13   電話:0263-32-2333

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kamoshikakamo.blog.fc2.com/tb.php/15-4c2e4f28
Listed below are links to weblogs that reference
目抜き通りに松本城!?【青翰堂書店】の店構えを見て考えた、お城への愛の話 from かもしかかも

Home > まつもと > 目抜き通りに松本城!?【青翰堂書店】の店構えを見て考えた、お城への愛の話

タグクラウド
検索フォーム
RSS
リンク
  • Jalan Camera  じゃらんかめら
    • 全国津々浦々を廻って、気になる風景や建物を撮っていらっしゃいます。被写体を奥まで見ようとしている感じがして好感を持ちました。
プロフィール

かもしかかも

Author:かもしかかも

今のところ、信州・松本をガイドブックなどとはちょっと違う視点で切り取ろうとしております。登山の話も。ラブ・ローカリティー。

●なんでもあるけど、肝心なものがない世の中だと思っている。
●山に登る。中学のころ裏高尾の小仏峠を1人で越えて以来、登山にはまる。日本アルプスを縦走したり冬山にも登ったり。
●信州に魅了されている。
●旅行ではなく旅が好き。

コンタクト
メールフォーム

▲ Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。